TOP | 初めての貿易取引をお考えのお客様

First

初めての貿易取引をお考えのお客様
輸出手続き
輸入手続き

通関とは

通関とは、貨物を輸出または輸入するため、それぞれ税関に申告してから許可を得るまでの、一連の手続を指します。
「関」を「通る」、つまり「関=出入り口を取り締まる所」を通過するためには様々な手続きが必要になります。そして、その手続きについて定めるのが「関税関係法令」です。
お客様がご自身の品物を通関するためには、関税関係法令にしたがって税関へ手続きをおこなうだけではなく、品物によっては関税とは直接関係のない法令(他法令と言ったりします)に基づく手続きを終えていないと通関できないものもあります。
キャプソンでは、多種多様にわたる貿易手続きや専門知識を必要とする通関手続きについて、お客様への的確なアドバイスとともにサポートしたいと考えています。
通関に関する手続き全般

キャプソンの強み

キャプソンではお客様の貿易手続きを様々な形でお手伝いしてきました。
通関手続きにとどまらず、品物の保管や輸送、さらにはコンピュータ管理など、お客様の業務を多面的にサポートしています。
   

 
貿易の三要素

モノ・カネ・カミの流れ
信用状の開設によるモノ・カネ・カミの動き
 
信用状の意義
外国の企業と商売をしようとすると、売り手は「どうすれば確実にお金をもらえるか?」、また買い手は「どうすれば確実に品物を入手できるか?」が一番の気になるところです。
おなじ日本で商売するのであれば、品物と代金の受け渡しを同時に行うことも出来ますが、相手が遠い国にいるとなるとそうは行きません。
売り手にすれば・・・前払いにしたい
買い手にすれば・・・後払いにしたい
このようにお互いが主張し合うと、まとまる話もまとまらなくなってしまいます。
そこで、買い手が銀行を通じて信用状を開設し、また銀行が支払いを保障することで、売り手の代金回収が保障され、円滑な取引が可能になります。

輸出の流れ

輸出

海上コンテナで輸出する際の流れ
売買契約が成立すれば、およそ上表のような流れで輸出手続きが進む事になります。
輸出の流れ

輸入

海上コンテナで輸出する際の流れ
倉庫への入庫のほか、お届け先様へのコンテナ直送なども対応可能です。
輸出・輸入ともに、日本各港での作業も対応可能です。
航空便のお取扱いも多様に取り扱っていますので、ぜひご相談下さい。

取扱品目

衣類


ハッピ
下着
靴下
ジーパン

ワイン
小麦粉
お酒
調味料
コーヒー
野菜

オリーブオイル

家電製品
布団
毛布

クッション
タンス
テーブル
椅子


おもちゃ
生地

趣味・レジャー

自動車用品
アウトドア用品
テント
ランタン
自転車

産業

ラップ
プラスチック容器
ボトル
ポンプ
ボンド
木材